高基建築計画室






  2017.05    「Houzz」はじめました!



  2016.11    WORKSを更新しました。( 炭火串家はるきち様 )



樂土の森アートプロジェクト「美術・音楽・食・和」秋の陣のはじまり

−樂土舎・秋のイベントへのお誘い−
荒地から20年の刻を経た今、軌跡と空間が織りなす樂土の森。まったりと悠久のときをお過ごしください。

-----
樂土の森現代美術展 10月22日〜11月6日の土・日・祝日(入場無料)
気鋭の美術家が「ボーダー/ボーダレス」というテーマに基づき、個性と表現の多様性を兼ね備えたアートを展開します。
奈木和彦(ハンガールーフ・プロジェクト)
長橋秀樹+渡辺五大+山本浩二(壁プロジェクト)
松浦延年(絵画)
河瀬和世(和紙を使ったインスタレーション)
フランセスク・プラナス(宝飾と造形)

-----

「ソロ・ピアノ 山下洋輔」10月29日(土)15:00開演
ジャズ界の鬼才がアート空間のなかで聴衆の間近に演奏する、必聴のライヴです。
山内啓司の映像もピアノに迫ります。
 ※全自由席チケット5000円10月7日残席僅少
-----
「樂土の森プロジェクト・アーカイブ展」 10月22日〜11月6日の土・日・祝日(入場無料)
20年のプロジェクトの歩みを写真・広報物・映像などで展示。
参加アーティスト関連の著作や写真集、記録集の販売も行います。

-----

「カフェナート」 10月22日〜11月6日の土・日・祝日
YUNIT(フランセスク・プラナス+鈴木美智子)によるカタルーニャと日本の「食」の相違と融合を捉えたアートのプレゼンテーション。
11月5日は「カフェでの和菓子」申込み受付中!

-----

「再生・土の家」 樂土のお茶遊び 11月5日(土)
美術家・奈木和彦のアート計画「ハンガールーフ・プロジェクト」により再生された樂土舎・土の家(茶室)をお披露目し、京都から創作和菓子作家の青山洋子を招いて開く茶会です。
 ※茶会の10月7日現在残席僅少 参加費1000円  

○ 樂土舎ウェブサイト http://www.rakudosha.com/



  2016.09    WORKSを更新しました。
  2016.08    WORKSを更新しました。



BCC樂土の森information

樂土舎では創設20周年を迎え「樂土の森アートプロジェクト2016」を開催します。
2016年、すでに国内外で精力的に踊りつづける田中泯。イベント期間のスタートとして、身体の潜在性を掘り起こす

先鋭的なパフォーマンスで世界的に注目され続けている舞踊家・田中泯と、彼に師事する石原淋によるダンスを御覧いただきます。
----------------------------------------------------------------------------

ダンス 田中泯・石原淋 「雀がいない...!」
dance Min Tanaka・Rin Ishihara  “ Where is the sparrows…!”
----------------------------------------------------------------------------

@ 9月17日(土)19:30より(開場18:00)
  ダンス:田中泯
A 9月18日(日)15:00より(開場14:00)
  ダンス:田中泯+石原淋
----------------------------------------------------------------------------

いずれも野外公演(雨天決行:雨合羽持参ください)
チケット:@前売 3,500円 当日 4,000円
     A前売 3,500円 当日 4,000円
     @+A共通券 5,000円(前売のみ)
購入方法=郵便振替 00810−3−80219 樂土舎
振替用紙の通信欄に、必要なチケットの種類について
「@田中泯ダンス」、「A田中泯+石原淋ダンス」、「@Aダンス共通券」というように記入してください。
2枚以上購入ご希望の場合は、それぞれの種類ごとに必要枚数を明記してください。
9月18日公演後にアフタートーク・交流会を開催します(無料)。
(17:00〜19:00予定。交流会のみの参加はできません。共通券購入者に限定となる場合があります。)



PROYECTO CAFE'n ART 2016 en Rakudosha
樂土の森カフェナート・プロジェクト YUNIT+Christian

開催日2016年8月7日(日)18:00スタート(17:30開場)先着限定30名

樂土舎・風乃家にて  参加料=お一人様¥5,000(税込)  (要予約090-7678-9809 鈴木)
創作料理を召し上がりながら交流をお楽しみください。
また彼らが選んだスペイン映画も上映します。



【YUNIT(ユニット=フランセスク・プラナス+鈴木美智子)との偶然の出会いも、今では必然だったのでしょうか。
彼らがスペインから日本に活動拠点を移して間もない頃、樂土の森に迷い込んだふたり。 樂土の森の理念に共
通する「風」を感じ取ったフランセスクは、その後も事あるごとにカタルーニャの文化を片言の日本語で語るのでし
た。以来、YUNITと樂土の森とのコラボレーションは多岐に渡り、異文化との共生の糸口を探す手掛かりとなっております。
このたび憧憬する日本に初来日のクリスチャン・ソレンセンと、YUNIT。樂土の森での邂逅、カタルーニャ、日本、静岡

【それぞれの地域の特徴や風土性を踏まえた食文化の饗宴を体感いただければ幸いです。樂土舎】
カタルーニャ地方の片田舎にあるレストランでのクリスチャンとの運命的出会い。フランセスクの感性に共通する

キーワード“Japón(ハポン)”、それぞれのエッセンスがどう化学反応し、五感をたのしませてくれるのか。

樂土舎という異空間で記憶に残る時を皆様と過ごすと共に、カタルーニャの風も感じていただければ幸いに思う。
YUNIT 鈴木美智子】



田中泯ポスターコレクション展 (入場無料)

 美術、音楽、演劇、ダンス、建築、デザイン、文学・・・新しい素材と表現を求めるアートが混在した刺激的な1960年代より、田中泯は日本をはじめさまざまな国、さまざまな地域で、精力的に活動してきました。そのしなやかさと繊細な動きによって身体の潜在性を掘り起こす先鋭的なパフォーマンスは、いまも世界中から注目され続けています。
 樂土の森アートプロジェクト2015では、彼の活動の変遷や、同時代を彩ってきたアートの軌跡を田中泯自身の貴重なポスターコレクションの中から各時代の空気感とともにお伝えします。
展覧会の初日には、田中泯のソロ・パフォーマンスを最終日には田中泯と石原淋のデュオ・パフォーマンスを開催。異彩の表現者たちによる唯一無二の「場踊り」に立ち会える機会です。

●日時
2015年10月24日(土) 11:00〜15:00
2015年10月25日(日) 11:00〜17:00
2015年10月31日(土) 11:00〜17:00
2015年11月1日(日) 11:00〜17:00
2015年11月3日(火) 11:00〜17:00
2015年11月7日(土) 11:00〜17:00
2015年11月8日(日) 11:00〜13:00
会場:樂土舎 〒437−0032 静岡県袋井市豊沢字南方 (JA茶ピア北側)

@田中泯 場踊り「無意味」
2015年10月24日(土) Start18:00(open17:00)
野外公演 雨天決行
A田中泯+石原淋 場踊り「無意味」
2015年11月8日(日) Start15:00(open14:00)
野外公演 雨天決行
●料金
@前売3,500円   当日4,000円
A前売3,500円   当日4,000円
@+A共通券 前売5,000円

主 催:樂土の森アートプロジェクト
問合せファクス:0538-42-0567(樂土舎)
メールでのお問い合わせは こちらをクリック
○ 樂土舎ウェブサイト http://www.rakudosha.com/




  2015.09    「樂土の森ハンガールーフプロジェクト」  2015年10月1日(木) 〜 2016年9月30日(金) の1 年間 (PDF形式)
  2015.08    WORKSを更新しました。
  2015.07    WORKSを更新しました。
  2015.01    WORKSを更新しました。
  2014.05    「聖グロリアス教会の照明」平成25年優秀照明施設東海支部長賞(一般社団法人 照明学会東海支部)受賞
  2014.05    「LATLIER DE MARIEEの照明」平成25年優秀照明施設東海支部奨励賞(一般社団法人 照明学会東海支部)受賞



Breath Passage+樂土の森アートセッション 2014

 「コンポジション−1−」
 妙なる調べは空と水打つところ、時に迦陵頻迦となって火の輪をくぐり、 時に竜神となって海原を走る。今、産土の地に立って、さなぶりを捧げる産子となる。
 ガレキの中から<土>を取り分け<土>を盛る。再生の<土>を盛る。

出演:田中泯(dance) 姜泰煥(alto sax) 中村達 也(drums・percussion)  ゲスト:大友良英(guitar・etc) 
日時:2014年5月31日(土) 開場 18:30 /開演 19:30 雨天決行
会場:樂土舎 〒437−0032 静岡県袋井市豊沢字南方 (JA茶ピア北側)

●料金
前売り3800円   当日4300円
●前売チケット入手方法
郵便振替 00810-3 -80219 樂土舎

駐車場:JA茶ピア カーナビ検索:茶ピア(0538 -44-1900)
主 催:樂土の森アートプロジェクト
問合せ電話:090-6769-1621(トリヰ)
問合せファクス:0538-42-0567
メールでのお問い合わせは こちらをクリック
○ 樂土舎ウェブサイト http://www.rakudosha.com/

さて、毎回好評の公演後の交流会ですが参加の要件と致しまして、このプロジェクトに何らかのかたちで協力頂いた方に限ります。
情宣・広報活動、会場設営、当日の運営などご協力いただける項目を明記の上、Eメールでご連絡ください。

<田中泯(たなか・みん);ダンス・俳優>
1945年、東京生まれ。70年代初めより独自の舞踊を求める活動に 入る。78年、身体気象研究所を創設、舞踊団「舞塾」 (81〜97年)を結成。85年、山梨県白州町に「身体 気象農場」 開設、農業と舞踊の同時実践を開始。97年山梨県甲斐 市に「舞踊資源研究所/桃花村」を設立後、「桃花村舞踊団」 「農事組合法人桃花村」同時結成する。05年には場の創設として 山梨県甲府市の「桜座」復活に参画。90年フランス政府より芸術 文化騎士章、西ドイツ・ミュンヘン演劇祭最優秀パフォーマンス賞を受 賞。02年『たそがれ清兵衛』に出演。日本アカデミー 賞最優秀助 演男優賞と新人賞受賞、キネマ旬報新人賞受賞。06年アニメ映画 『鉄コン筋クリート』で声優出演。07年NHK土曜ドラマ 「ハゲタカ」出演。現在全国各地で「場踊り」を展開中。

<姜泰煥(カン・テファン);アルト・サックス>
1944年生まれ。東洋の伝統スケールを折り込んだ循環呼吸奏法の先駆的 至宝。小学生からクラリネットを吹き始め、米軍基地内のビッグバンド でジャズと出会いアルトサックスに転向。68年には 20代に して韓国最年少のビッグバンドリーダーとなる。78年、金大煥 (perc)、崔善培(tp)と韓国初のフリージャズG を結成。このトリオでサムルノリ、ソウル交響楽団、韓国の民族 舞踊等 と共演。近藤等則が企画した「Tokyo Meeting 1985」での来日で 日本に存在を知られる。88年のトリオ解散後もソロにて度々来日 し、山下洋輔、高田みどり、富樫雅彦、大友良英等や、 エヴァン・パー カー、ジョン・ゾーンを始め海外の演奏家とも共演。06年秋には ロンドン・ジャズ祭を含むヨーロッパツアーを敢行。07年には高 橋悠治、08年、09年、11年、13年と、田中 泯、高橋悠治、土取利行を中心としたツアーを行う。

<中村達也(なかむら・たつや);ドラム>
1965年富山県出身。原爆オナニーズ、ザ・スターリンなど数々のパンク バンドのドラマーとして渡り歩いた後、1990年浅井健一 (g,vo)、照井利幸(b)等と共にBLANKEY JET CITYを結 成。2000年解散後,自身のソロ・プロジェクト LOSALIOSで5枚のアルバムを発表。また洋邦を問わず、ジャズ、 アヴァンギャルドなど各界のアーティストたちとのセッションも精 力的 に行っている。現在の活動はLOSALIOSを筆頭に、 FRICTION、TWINTAIL、SPEEDER-Xなど多岐にわたる。俳優 としても活躍しており、『BULLET BALLET バレット・バレエ』 (00年 /塚本晋也監督)、『涙そうそう』(06年/土井裕 秦監督)、『蘇りの血』(09年/豊田利晃監督)、NHK大 河ドラマ『龍馬伝』(10年)などに出演。

<大友良英(おおとも・よしひで);ギター、他>
1959年神奈川県出身。十代を福島市で過ごし、阿部薫、高柳昌行などの フリー・ジャズに衝撃を受ける。1980年代後半よりギターやター ンテーブルを使った即興演奏を開始。1990年代に入り、 リーダー アルバムを香港のレーベルから発表。自身のバンドGROUND-ZERO を結成、同時期に香港や中国映画の音楽を手がけ、ジャンルや国境を超 えて注目を集めた。2000年代にはONJQ等ジャズの 分野でも 活動。カヒミ・カリィや浜田真理子等ポップシンガーのプロデュース。 近年は、映画・ドラマに音楽を提供。『風花』(相米慎二)、『その街 のこども』(NHK大阪制作)、『白州次郎』、2013年には 『あまちゃん』のサウンドトラックをオリコンチャート1位に 送 り、数々の音楽賞を受けた。2011年より東日本大震災を受けて遠 藤ミチロウ、和合亮一らとともに『プロジェクトFUKUSHIMA!』を 立ち上げ継続中。



  2014.02    WORKSを更新しました。
  2014.01    WORKSを更新しました。
  2013.11    WORKSを更新しました。
  2013.10    「樂土の森アートセッション2013」現代美術展  2013年11月02日(土)〜11月4日(月・祝) 入場無料 (PDF形式)
  2013.10    「樂土の森アートセッション2013」JAZZ LIVE  2013年11月03日(日) (PDF形式)



樂土舎に隣接する「ひぐらしの森」が今秋をもって全面的に伐採され、新興住宅地に変貌することになりました。
地域にとりましても、我々にとりましても重要なロケーションだったため、たいへんショックをうけております。
しかし、開発の是非は兎も角、樂土の森といたしましては、より一層「森の機能」を果たすという使命がもたらされた気がします。      
さて、樂土舎では現在の姿を記憶に留めるとともに、今後の樂土の森の展開を期す意味で田中 泯の独舞公演「 場踊り -僕は樹が好きだ!-」を開催する運びとなりました。是非この機会に「森の気配−おどり−」を感応して頂ければ幸いです。

2013  DANCE WEEK in RAKUDO・SHA 
田中 泯 「 場踊り -僕は樹が好きだ!-」
黒子:井田雅子   照明:田中あみ   音:石原淋
会期:2013年 9月8日(日)  開場18:30  開演19:30
場所: 樂土舎  (静岡県袋井市豊沢字南方、JA茶ピア北側)  
※当日の駐車場は、JA茶ピア駐車場(ナビ検索:電話0538−44−1900)をご利用ください。
<雨天決行>  公演中は雨傘の使用不可。レインコート(雨合羽)等をご用意ください。
●チケット料金
前売 3,000円(一般) 2,500円(大学生以下)
当日 3,500円(一般) 3,000円(大学生以下) ※学生の方は公演当日、学生証をご持参ください。
●前売チケット入手方法
郵便振替 ◎口座名義 = 樂土舎 ◎口座番号 = 00810-3-80219
お名前と連絡先(できるだけ連絡しやすい住所、電話番号、メールアドレス)、チケットの種類(一般、学生)と枚数を明記の上、
ご送金ください。入金確認後、チケットを送付いたします。
●お問い合わせ先
Fax 0537-22-9437(連絡先と用件を送信してください)
メールでのお問い合わせは こちらをクリック  
○ 樂土舎ウェブサイト http://www.rakudosha.com/
主催:樂土の森DANCE WEEK実行委員会



  2013.09    WORKSを更新しました。
  2013.06    WORKSを更新しました。
  2013.01    WORKSを更新しました。
  2012.10    「樂土の森アートセッション2012」現代美術展  2012年10月21日(日)〜11月11日(日) 入場無料 (PDF形式)
  2012.10    「樂土の森アートセッション2012」JAZZ LIVE  2012年11月09日(金) (PDF形式)
  2012.10    「樂土の森アートセッション2012」フラメンコ舞踊  2012年11月04日(日) (PDF形式)
  2012.10    WORKSを更新しました。
  2012.02    WORKSを更新しました。
  2011.08    セルロースファイバーについて掲載しました。
  2011.08    WORKSを更新しました。
  2011.07    WORKSを更新しました。
  2011.06    WORKSを更新しました。
  2011.02    WORKSを更新しました。
  2010.10    WORKSを更新しました。
  2010.07    ホームページ開設


  高基建築計画室 〒438-0803 静岡県磐田市富丘566-1 / TEL : 0538-37-7199
  Copyright © takamoto architect's design office. All Rights Reserved.